Home > 製品・工法紹介 > 道路製品 > ライン導水ブロック

ライン導水ブロック

概要

ライン導水ブロック-F型は、L型側溝の代替構造物として開発されたコンクリート二次製品です。
NETIS登録番号 KK-020004-V

構造

ライン導水ブロック-F型は、全延長にわたって集水口をそなえ、内蔵管路で排水するため、エプロンが不要になります。
この構造によって縁石まで車道横断勾配を一定とすることが可能であり、路側部の有効幅員が広くなります。
車道を通行する二輪車にとって、通行の安全性を確保することができます。

構造

特長

1.有効幅員の拡大

街渠エプロンが不要となるので、路肩の有効幅員が拡がり、横断勾配折れが解消できます。
また、舗装と街渠エプロンの境界で段差が発生しないため、自転車通行者、車両ともに安全に通行できます。

有効幅員拡大
2.路肩走行の安全性の向上

平成20年1月、国土交通省と警察庁が合同で、自転車通行環境整備のモデル地区を全国98ヶ所に指定しました。
兵庫県内の県道西宮豊中線においては、路肩幅員拡大による走行安全性の向上や水溜り解消機能などから、ライン導水ブロックが採用されました。

安全性の向上
3.水溜りを解消

水溜り解消でバリアフリー
バリアである水溜りが解消され歩行者が快適に通行できます。

水溜り解消
4.水ハネの防止

水ハネ防止で快適歩行
水ハネを防止して歩行者が安心して通行できる環境を提供します。

水ハネ防止
5 .施工性

ライン導水ブロックはブロック据付け後、即日埋め戻しが可能です。
工程短縮により、早期に歩行者が安心して利用できる道路に戻せます。

道路交通規制の範囲縮小
即日埋め戻しを行わない場合でも、撤去・掘削範囲内に安全柵を設置することで、
道路交通規制の範囲を縮小し、現道交通への影響を抑制します。

道路交通規制範囲縮小
→作業休止時にも路肩の規制が必要です。
→撤去・掘削範囲内に安全柵を設置できます。

地下埋設物との干渉回避
断面がコンパクトなので、床掘範囲が小さくなり、
ガス管、水道管、通信管などの地下埋設物に干渉
する可能性が少なくなります。

地下埋設物との干渉回避

現場周辺環境の改善
コンクリート二次製品を使用することによる工程短縮、交通規制範囲縮小による現道交通
への影響抑制、沿道住民・沿道利用者への影響抑制など、イメージアップにも貢献します。

主要品目

標準

歩車道A・B φ150・200相当 L=1,000mm

主要品目 標準

歩車両面集水タイプもあります。

歩道切下

φ125 L=600mm
フラット、1cm・2cm段差、テーパー0-2cm対応
R1.5|R2.5|R3.5|R4.5|R6.0|R12.0|直線

主要品目 歩道切下
擦付(歩道切下)

フラット2cm段差に対応
A・B 右・左 φ150 L=1,000mm

主要品目 据付(歩道切下)
車両乗入

φ150 L=600mm
テーパー、フラット、5cm・2cm段差に対応
※φ200相当については別途ご相談ください

主要品目 車両乗入
擦付(車両乗入)

テーパーに対応
A・B 右・左 φ150・φ200相当 L=1,000mm

主要品目 据付(車両乗入)
縁石桝(A・B)
主要品目 縁石桝L=600mm
車道桝(A・B)
主要品目 車道桝
アダプターブロック

既設桝への接続が可能です。

主要品目 アダプターブロック
ライン導水ブロック-G型

φ100,φ150 L=1,000mm

主要品目 ライン導水ブロック-G型
PDF_Icon 寸法表(カタログ)はこちら

施工実績

日本全国で1557件の施工実績があります!

施行実績

※2010年4月末現在