Home > 製品・工法紹介 > 建築 > 耐震補強版(PCaアウトフレーム工法)

耐震補強版(PCaアウトフレーム工法)

概要

耐震性とデザイン性を高め、建物の安全性を高める技術、それがPCaアウトフレーム工法です。当社もオリエンタル白石株式会社さんの協力のもと山口県内の学校や集合住宅への納品実績が増えてきています。

学校教育環境や安全な工事環境のためにご検討をお勧めいたします

注)耐震改修にかかる費用は建築物の条件や周辺環境の条件によって変わりますので、まずはご相談ください。

特長

美しい外観
耐震補強とリニューアルを兼ねたい場合に推奨します。
(高強度材料を使用することにより、斜材をなくすことを実現しました。採光・通風の確保もでき、デザイン性に優れた工法です。)
工事中も建物を使用できます
集合住宅、病院、庁舎、休みの短い学校などの補強に推奨します。
(建物外部のみの工事による、完全外付け補強工法です。)
現地作業が少ない
建物を使いながら補強が可能な工法は他にも有りますが、現地作業が少ないため工期が短く、作業員が気になることも少ないです。
(部材のプレキャスト化により、現場作業が極端に少なくなります。)
メンテナンスフリーで耐久性に優れた工法
耐震補強後も長く建物を使用したい場合に推奨します。
(高強度コンクリートを使用したPC構造で、高耐久性を実現しました。)

カタログPDF

PDF_Icon 寸法表(カタログ)はこちら