Home > 製品・工法紹介 > 擁壁 > リバースウォールLG(逆L擁壁)

リバースウォールLG(逆L擁壁)

概要

リバースウォールLGは、擁壁背面に用地の制約が有り、控えを背面に出せない場合に用いられる擁壁です。

特長

1. 外力に対して、擁壁自重、控え版上の土の重量、受働土圧により抵抗する構造形式です。

2. 一体構造の為、施工が早く、工期の短縮が図れます。

3. 豊富なサイズから経済的な設定が可能です。

施工例

設計条件

1.設計荷重

2.安定条件
1)転倒に対する検討 ・・・・・・e≦B/6(e:偏心量 B:擁壁控え寸法)
2)滑動に対する検討 ・・・・・・f≧1.5(f:安全率)
3)支持力に対する検討 ・・・・・地盤支持力≧必要地耐力
4)躯体の構造に対する検討 ・・・許容応力度
コンクリートの許容圧縮応力度 ・・・・・ σca=10N/mm2
鉄筋の許容引張応力度(SD295A) ・・・ σsa=160N/mm2
コンクリートの許容せん断応力度 ・・・・τa=0.45N/mm2

製品規格

PDF_Icon 寸法表(カタログ)はこちら