Home > 製品・工法紹介 > ボックスカルバート > TB(タッチボンド)工法

TB(タッチボンド)工法

概要

『下水道、水路、通路など管路の全てに耐震性』

TB工法は、ワンタッチジョイント(ジョイントバーとソケット)により瞬時にボックスカルバートなどのコンクリート製品を接続し、伸び能力に優れた高弾性接着剤によって接着接合することで、連続性、水密性に優れ、さらにレベル2地震動による地盤の変位にも追随できる耐震性を有する水路、通路を構築できる耐震継手工法です。

技術審査証明書

(財)先端建設技術センター 技術審査証明を取得
技審証第2204号

国土交通省NETIS(新技術情報提供システム)に登録
NETIS KK-070004-V(評価情報)

TB(タッチボンド)工法

特長

(1) 施工性の向上、工期の短縮、経済性の向上

ジョイントバーをソケットに押し込むだけで接続でき、後は所定のスペースに高弾性接着剤を注入するだけで接合が完了します。従来工法に比べ大幅に工数が削減されるので、施工性の向上、工期の短縮ができ、その結果経済性も向上します。

(2) レベル2地震動をクリア

約3倍まで伸びる高弾性接着剤が、全ての接合部をフレキシブルにし、地震時の地盤の変位に自在に追随するので、水密性を確保したままレベル2地震動をクリアします。

(3) 全ての接合面に連続性、水密性、耐震性

曲線部、断面変化部、落差部など、どんな接合面でも直線部と同じ方法・構造で接続できるので、全線に連続性、水密性、耐震性を有する水路、通路を構築できます。 他工法では、曲線部、断面変化部、落差部はボルト接合になり、耐震性の保証が難しくなります。

(4) 弾性シーリングと同等以上の水密性

高弾性接着剤が弾性シーリングと同等以上の水密性を付与します。また、高弾性接着剤は頂版上部から注入するので、今まで人が中で作業できなかった小口径の管路でも浸入水、漏水を完全に防止できます。

(5) せん断変位にも対応

地震時に発生するのは軸方向変位、曲げ変位だけではありません。せん断変位も発生するはずです。他工法では対応できないせん断変位にもTB工法は対応できます。

(6) 現場打ちコンクリートとも接合可能

高弾性接着剤の注入スペースさえ確保できれば、現場打ちの特殊人孔、既設管路とも接合でき、その接合部にも当然水密性、耐震性を付与できます。

(7) すぐの埋戻し、交通開放が可能

高弾性接着剤の指触硬化は2時間程度ですが、頂版解放部を養生し製品が動かないように留意すればすぐの埋戻しも可能です。

大断面への適用大断面への適用
断面変化への適用断面変化への適用
曲線部への適用曲線部への適用

TB工法の詳細

※画像をクリックすると拡大表示します

断面詳細
断面詳細
フラット側〔フラット側〕
シール溝側〔シール溝側〕

カタログダウンロード

PDF_IconTB(タッチボンド)工法カタログ