Home > 製品・工法紹介 > 道路製品 > 自在R連続基礎

自在R連続基礎

概要

自在R連続基礎は「車両用防護柵」に使用する、コンクリート製の連続基礎です。 従来、土中で設置する車両用防護柵ですが、埋設物などにより地中に直接支柱を埋め込むことが出来ない場合など、防護柵の設置が困難であった箇所への適用を可能とする製品です。 製品同士は上下の凹凸を組み合わせ、ボルトにて締結して連続基礎として構築します。 この構造により、基礎の接続角度は自在となり、高い曲線(R)対応能力を有します。

自転車のチェーンをイメージし、カーブに自在に対応できるプレキャスト連続基礎となっています。

特長

・曲線(R)に自在に対応可能
・置き式使用、埋設仕様が可能で、現場対応能力が高い
・現場でのコンクリート打設や熟練工に依存する工程が無く、工期短縮を実現
・安全を考慮した防護柵の設置を実現

製品規格

PDF_Icon 寸法表(カタログ)はこちら

設置例