CONCRETE BLOGコンクリートブログ

WORKS施工事例

宅地造成_CH横断側溝800

施工後
施工前

グレーチングボルト固定可変側溝宅地造成

製品名・工法名
自由勾配側溝(CH可変側溝)
サイズ(製品規格)
CH横断Ⅱ型800×900 L=2000
施工場所
山口県周南市政所
施工時期
2021年2月
工事名
周南市政所造成工事
発注元
㈱大和ハウス工業

本来、HC床版と縦断自由勾配側溝の計画予定でしたが、進入路入口をHC床版ではなく、角欠け防止アングル付のCH横断Ⅱ型800を提案致しました。


進入路は車両通行すると年数経過でアスファルトとコンクリート製品に段差が起こり、コンクリート製品の破損が発生する可能性がありますが、角欠け防止アングル付だと問題が解消され、コンクリート製品の破損を防止したいという要望を頂きご採用いただました。

製品外観CH横断Ⅱ型800×900

CONTACTお問い合わせ

コンクリート製品