Home > 製品・工法紹介 > 河川 > 彩陣

彩陣

概要

彩陣50

治水上の安全性を確保したうえで多様性ある環境を創出し、豊かで安定的な生態保全を可能にした工法です。

大型彩陣70~100

練積み、空積みの長所を合わせ持った大型ブロックです。

特長

■彩陣50
1. 従来のコンクリートブロックとは違い、胴込コンクリートの代わりに現地土を流用したり、発生材等を中詰め材として使用することができます。そのため、現地で生息している昆虫・植物・微生物の生態系を損ねることがありません。また、人類が出す産廃コンクリート殻等を中詰め材として再利用することにより、本当の意味で環境保全型ブロックと言えます。
2. 本ブロックは1個/㎡の大型ブロックで、施工の省力化が図れ工期を大幅に短縮できます。
3. 控長は50cmで、中詰め材によるせり持で滑り出しを防止するだけでなく、上下段をペーシー板で連結することにより、土圧に対し十分な安定性がありますので急流・激流にも対応いたします。
4. ブロックの意匠面は7cmと大きく、割石の隙間を植生および昆虫類の育成の場として提供でき、景観面からも力強い陰影を与え周辺環境に溶け込みます。
5. 河床勾配の大きい中小河川や曲線部の施工上においては半丁、四つ切り製品(ミニ彩陣)で対応いたします。
6. 道路用としても適度な植生を保てますので、メンテナンスの必要がありません。
施工写真

■大型彩陣70~100
1. 1個/1㎡の大型ブロックで作業性に優れ工期短縮致します。
2. 控え長さを5cmピッチで変更出来ますので、安定照査した時点での経済断面製品を御提供出来ます。(控え長70cm~100cm)
3. 道路兼用護岸や上載荷重の加わる護岸での環境保全型ブロックとしての実績があります。
4. 空積み部分からの、流れ出し対策としてHMシートでの流失防止対策も出来ます。
5. 調整部の現場打設コンクリート部分には、彩陣専用(同意匠面)の、リサイクル化粧型枠で仕上げる事が出来ます。
6. 練り部分の胴込コンクリート打設部分は、D-22の鉄筋を使用し堅箇な擁壁を構築出来ます。
7. 意匠面は、彩陣標準型と同じで凹凸7cmと大きくし、割石模様の隙間部に植生及び、昆虫類の育成の場を与える工夫が成されています。
施工写真

標準断面図

配置例

製品規格

彩陣50

大型彩陣70~100